使い方はそれぞれの自由!倉庫の有効な使い方と注意点


スペースを有効活用した使い方

倉庫というと、荷物を預ける場所というイメージが持たれがちですが、工夫次第で様々な使い方をすることができます。荷物の収納以外で比較的多いのが、作業場としての利用です。広々としたスペースを有効活用して大型の機械を設置して製品の製造や、自動車の修理工場を営む人も少なくありません。個人的な車やバイクのガレージとして使うこともできます。

レンタル倉庫としての活用

所有している倉庫を個人としての利用ではなく、時間や期間契約で人に貸し出すといった使い方もできます。広い土地に小さい倉庫を何台も設置してレンタル倉庫として営業すれば、まとまった収入を得ることが可能です。ただし、倉庫を商売として利用する場合には、日本の法律で定められている倉庫業法に従わなければいけません。そのほか、建築基準法や都市計画法など様々な条件をクリアーして初めて営業することができます。万が一のトラブルに備えて火災保険の加入なども義務付けられているなど、色々と準備が必要です。

事業として倉庫を使う時のポイント

倉庫はマンションなどの物件と同様に人に貸し出すことで副業として利益を得ることができます。しかし、需要の増加に伴って貸し倉庫を営む業者の数も増えているのが実情です。そのため、新規で事業に参入をする場合には、価格設定やサービスの充実などライバル業者に負けないだけの創意工夫が必要になります。貸し倉庫業はある程度広いスペースを確保しなくてはいけないため、土地の安い郊外を選ぶなど初期費用を抑えることも大事なポイントです。

3PLとは、物流業務委託の事です。例えばメーカーで作った商品を、自前で物流ルートを開拓し、配送するのは手間が掛かります。物流を専門家の外部に委託する事でコストダウン出来、メーカー本来の業務に集中出来ます。