倉庫選びは利用目的を確定させることが先決?目的別に適した倉庫3選


温度管理が不要なら屋外型コンテナ倉庫

道路沿いに時折見られるコンテナ型の倉庫は、真夏の炎天下という状況であっても屋外コンテナに保管して困らない品物を保管する際に適しています。なぜなら、比較的重量があるために車を横付けにして出し入れしたい物ほど、屋外コンテナならば管理人を常駐させることなく24時間いつでも好きなタイミングでものを出し入れできるメリットがあるからです。戸建て住宅ならば庭に設置した物置をイメージすると分かりやすいように、すぐには使わない季節用品を中心に保管する時に屋外型コンテナ倉庫は適しています。

温度管理有りの屋内型倉庫なら家電製品も収納可能

極端な高温に対して弱い家電製品や家具を収納するためには、温度管理がしっかり行われている屋内型レンタル倉庫が適しています。倉庫入り口には防犯カメラを設置しつつ、会員カードを使って利用者しか内部には入れないように工夫しているわけです。そして、荷物の出し入れを自分で行えるというメリットがあるからこそ、営業時間内ならばいつでも好きなタイミングで利用できる収納スペースとして利用できます。

重要書類を預けるなら倉庫業者の倉庫にしよう

重要な書類や部品を確実に保管しておきたいと考えているならば、倉庫業者が運営している寄託契約に基づく倉庫契約を行うことが望ましいです。倉庫業者が運営する貸倉庫は、荷物の出し入れを倉庫業者側が行うために利用者であっても倉庫内へ自由に立ち入ることはできません。また、指定のサイズごとに預け入れることになるからこそ、倉庫内のどこに荷物が保管されているのかといった情報は倉庫業者のみが知り得る管理情報となります。このため、寄託契約に基づく倉庫契約は、大切な荷物を保管することのみに重点を置いた倉庫契約です。

ライフラインとしてなくてはならない事業の一つに物流があります。毎日休まずに動き続けるモノとヒトを支えている仕事です。決して目立つ仕事ではありませんが、縁の下の力持ちとして毎日やりがいを感じられます。