メリットだけじゃない!太陽光発電を利用する際の注意点


余った電力の売買は見通しが立っていない

太陽光発電では余った電力は売却することができる制度があるのですが、実はこの制度は期限が設定されています。期限を過ぎてしまった後にも同じように売却できるのかどうかという点は不透明であることから、今後太陽光発電で余ってしまった電力はどのように取り扱われるのかが注目されているものの、制度中と同じように一定額で買い取ってもらえない可能性があるという点は注意点の一つです。今後の買取価格は下がっていく可能性も指摘されています。

家の立地によっては設置しても使い勝手が悪い

基本的に太陽光発電は、日当たりのいい場所にパネルを設置しなければいけません。そのため周囲に高い建物や森林がある住宅に設置しようとしても、思ったように発電できないというデメリットがあります。ある程度発電できればそれでいいという意見もありますが、そもそも太陽光発電は初期コストが高い上に維持するためのコストもそれなりにかかってしまうので、それに見合うだけの発電量が確保できないとコストがもったいないという意見も多いです。そのため、家の立地によっては設置そのものを検討する必要があります。

保証やメンテナンスに関する部分を確認する

ほかにも太陽光発電を設置する際に注意しておきたいのが、太陽光発電に関する保証やメンテナンスがしっかりしているかどうかです。太陽光発電はパネルも含めて設備を定期的にメンテナンスする必要があるため、多くの企業では相応の保証やメンテナンスが提供されています。利用するのであれば長期的に保証してくれるものや、無償メンテナンスを提供してくれるところを選ぶ方が良いでしょう。

太陽光発電の価格は、他の再生可能エネルギーに比べて破格の安さです。風力や地熱発電などに比べて初期投資が安価で、個人や中小企業でも充分、設置が検討出来る設備です。